真宗寺の歴史について


桜のおてら真宗寺「日本で一番遅い桜」

親鸞聖人毎年5月下旬に満開になる真宗寺の八重桜です。
桜の季節は卒業シーズン?
いえいえ、真宗寺では5月の下旬に桜が満開になります。
今年の桜を見逃した方は是非とも真宗寺の八重桜をご覧ください。
(見頃は毎年5月20日以降です)


真宗寺の歴史

1856年(安政3年)

開基住職 福井県昌蔵寺にて誕生

1887年(明治20年)

北海道視察に渡道 函館別院を訪ね、函館より船にて室蘭につき苫小牧に足跡を残し帰国

1889年(明治22年)

苫小牧説教所担当教師を任命され開教に当たる

1890年(明治23年)

説教所創立 御本山本願寺より開教仏御下附

1896年(明治29年)

高棟の本堂建立(現在の中央院様のとなりと聞く)

1902年(明治35年)

二代目住職 開基住職の次男として誕生

1924年(大正13年)

開基住職寺号公称を待たずして遷化 二代目住職その意思を引き継ぐ

1925年(大正14年)

真宗寺寺号公称御許可

1926年(大正15年)

仏教婦人会発足

1928年(昭和3年)

本堂建築 落慶

1934年(昭和9年)

真宗寺子供会・日曜学校日曜学校開設

1937年(昭和12年)

庫裡新築

1947年(昭和22年)

勝如御門主胆振組御巡教の会所を拝命 御親教の光栄に浴す

1973年(昭和47年)

立教開宗七五〇年・宗祖後誕生八〇〇年・開基住職五十回忌大遠忌 開基八十周年記念式典執行

1977年(昭和52年)

三代目住職 住職継職法要厳修 住職を拝命

1977年(昭和52年)

仏教壮年会発足

1980年(昭和55年)

二代目住職 往生の素懐を遂げる

1989年(平成元年)

開教百年 寺号公称六十五年慶讃法要厳修

2002年(平成14年)

三代目住職往生の素懐を遂げる 四代目住職住職継職法要厳修 住職を拝命

2002年(平成14年)

納骨堂完成

2012年(平成24年)

真宗寺門信徒会館完成



開基住職 朝倉 寛渓

親鸞聖人1856年(安政3年) 福井県昌蔵寺にて誕生
1924年(大正13年) 10月2日遷化 68歳

 

Copyright© 2012 shinshu-ji All Rights Reserved.